中村ユキ(漫画家)の母は総合失調症?症状やプロフィ-ルについても!

この記事は2分で読めます

最近、私の近くに

インフルエンザになった人が

出てしまいました!

もう、そんな時期なんですね~

インフルエンザになったら何かと

めんどくさいので皆さんも気をつけてくださいね!

 

さて、2016年11月30日(水) 21時00分~放送の

「ザ!世界仰天ニュース」で、

「脳の不思議SP]を放送するようですね!」

今回取り上げられるのは

中村ユキさん(漫画家)の母についてです。

今回の放送では幻覚・幻聴・私は誰かにハメられている…

壊れた母の病とは?という内容で

特集されるそうです。

 

詳しい内容は

現在、漫画家として活躍する中村ユキさん。
彼女が4歳の時、突然、優しかった母が壊れ始めた・・・。
夫の実家に義父母と同居して子育てする中、次第にストレスが溜まってゆく。
そして、母はある日、突然どこからか悪口が聞こえるようになってしまった。
母を突如襲ったその病の正体は、統合失調症だった。
妄想などの症状がエスカレートし、精神は崩壊し、家は戦場と化してしまった。
病気の母とともに生きた36年間の衝撃的な生活とは!
引用:http://tv.yahoo.co.jp/program/23433914/

ということらしいです。

 

なので、今回の記事では

中村ユキさんのプロフィールや

総合失調症について

簡単にまとめていこうと思います!

 

スポンサ-ドリンク

 

中村ユキのプロフィ-ルは?

総合失調症

名前  :中村ユキ

読み方 :なかむら ゆき

生年月日:1973年

出身  :大阪府

 

中村ユキさんは週刊少年マガジンで

デビュ-する前は、

3年間百貨店で働いていたそうです。

 

その後、知人の紹介で入った

アシスタント先の先輩である

「タキ氏」と結婚しました!

 

現在はフリーの漫画家として、

Webや雑誌をはじめ、体験記マンガなど、

幅広いジャンルで活躍しています!

 

スポンサ-ドリンク

 

総合失調症とは?

統合失調症は、幻覚や妄想という症状が特徴的な精神疾患です。それに伴って、人々と交流しながら家庭や社会で生活を営む機能が障害を受け(生活の障害)、「感覚・思考・行動が病気のために歪んでいる」ことを自分で振り返って考えることが難しくなりやすい(病識の障害)、という特徴を併せもっています。

多くの精神疾患と同じように慢性の経過をたどりやすく、その間に幻覚や妄想が強くなる急性期が出現します。
新しい薬の開発と心理社会的ケアの進歩により、初発患者のほぼ半数は、完全かつ長期的な回復を期待できるようになりました(WHO 2001)。
以前は「精神分裂病」が正式の病名でしたが、「統合失調症」へと名称変更されました。
引用:http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_into.html

中村ユさんの母に起きた最初の異変は

「隣の家の人が悪口を言っている」という

幻聴だったそうです。

 

しかも、この病気は約100人に1人がなる病気のようで、

意外と頻度の高いですね。

これは、他人ごとではありませんね…

 

 

 

まとめ

当時の幼い中村さんにとっては

とても大変だったでしょうが、

 

当時の事を中村ユキさんは

確かに大変だったけれど

母がおかしくなるのは病気のときだけで、

愛情深い、私の大切な母であることは

変わりないんですといっていました。

 

そんな中村さんも看病で鬱になりかけたそうですね。

ですが、中村さんには漫画家になりたいという

夢があったからこそ、ここまで来ることができたんだと思います!

 

中村ユキさんの代表的な作品は?

我が家の母は

  • わが家の母はビョーキです
  • わが家の母はビョーキです2 家族の絆編
  • うちの子に限って!? 子どもの心の病気を知る本 – 宮田雄吾との共著。
  • NHK英語でしゃべらナイト 松本アナが失敗から身につけた英会話のツボ – 松本和也との共著。
  • ぼくはアスペルガー症候群 – 松本和也との共著。
  • マンガでわかる!統合失調症
  • 夫婦三昧

これらの作品は自身の体験が元となって

作られているものが多いので

気になった方は是非読んでみて下さい!

 

スポンサ-ドリンク

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。