梅宮アンナってどんな人?通っている歯医者は?

本日(8月24日)放送された

「もしものふたり~タレントが”おためし同居生活”

してみますた~」に

梅宮アンナが出演していたので

通っている歯医者や人物について

まとめていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

梅宮アンナってどんな人

父親は俳優の梅宮辰夫、母親は

アメリカ合衆国の元モデルだそうです。

そりゃスタイルがいいわけですよね…

うらやましいです!w

 

梅宮アンナは、初めファッションモデルとしてデビュー

していましたが1990年代半ばからは

タレントとして活動し、テレビの

バラエティ番組などに多く出演した。

 

2000年以降は、一時はテレビ出演が途絶えて

いまいましたが近年では再びバラエティーや

ト-ク番組への出演が見られるようになりました。

 

プロフィールは?

梅宮アンナ

生年月日:1972年8月20日

年齢  :44歳

出身地 :東京都

血液型 :O型

デビュ-:1992年

 

 

通っている歯医者は?

通っている歯医者は、

五十嵐歯科クリニックという場所で

梅宮アンナさんが何の紹介もなく

自力で探し、この審美歯科を見つけた

そうです方法は簡単で

広告で見たから。

 

しかも、審美歯科すぐに連絡して

委員長の五十嵐先生と

対面したそうです。

行動力がすばらしいですね!

 

スポンサードリンク

 

どうして歯を直したの?

梅宮アンナさんは歯が最大の

コンプレックスだったらしいです。

理由としては、笑っても歯が見えない、

歯が小さいなど。

 

昔から何度も歯を直そうと

していたらしいのですが

勇気がなくいままで行けなかったそうです。

 

日本は歯に対する美意識が

欧米に比べかなり低いとされています。

 

確かに欧米の人は、全体的に見ても

歯並びのいい人や白い歯のひとが

多く感じますね!

 

どんな治療をしたの?

梅宮アンナさんは、ラミネ-トベニアという

治療をしたそうです。

 

ラミネ-トベニアとは歯の表面を

少し削り、歯の色をした薄い板を貼り付けて

見かけを改善する方法です。

 

貼り付けるものは、

ポ-セレンラミネ-トベニアというもので

天然の歯に近い色や光沢をもっており、

色が変色したり」、表面がすり減ることは

ほとんどないらしいです。

 

20年前まではプラスチックを

歯に貼り付けていました。

いや~医療の進歩ってすごいですね(笑)

 

 

まとめ

梅宮アンナさんは、この治療をし

笑顔が増えたそうです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!